名前が発達障害っていうだけの事

20代半ばでどうやら発達障がいがあることに気付きました。現在は発達障がいと付き合いながら育児に専念している30代のママです。 発達障がいがあっても工夫と考え方次第で生活はいくらでも楽しくなる!その秘訣をメインに書いていきます。

考え方を変える簡単な方法(2/2)

こんにちは。
今日もご訪問本当に
うれしく思います。

さて、前回の続きです。
zazizuzed.hatenablog.com


私は非公開のツイッターに、
少なくとも一日一回
投稿しています。
『私は今が一番楽しい』
『人はそんなに気にしていない』
などなど。

他にも
『いつもうれしいことが訪れてありがとう』とか。


よくある、『夢がかなう手帳術』みたいなやり方は
はっきり言って難しかったです。
まず、意気込みだけはすごいので
「良い手帳が見つけよう!」と
手帳探しから始まり、
結局見つからず挫折。

見つかったと思ったら
ペンや記入する場所、文字の大きさにこだわりすぎて
どうしたらいいか分からなくなる。

ごちゃごちゃ複雑になって
結局続かない"(-""-)"

それを何度も続け、
やっと「あ、私このやり方無理」と分かりました。
なので超簡単な方法として
ツイッターに書き込むやり方を始めました。
本当は私的には手帳に書き込むような
複雑できちっとしていたほうが好きなんですが( *´艸`)




さて、どんな効果があったかというと・・・

 


最初は義務的でしたが
時々忘れたりしながら
一ヶ月続いたとき
ささいな変化
が。

投稿していないときでも
頭の中に、ふとそのフレーズが
出てくるように
なりました。

そのフレーズが出てくると
会話とか仕事とか
力みが抜けるように思います。
『今の発言傷つけたかな?』と心配になったとき
『そんなに気にしてないよ』
という風に。

その頃から敏感な人には
「少し柔らかくなったね」とも
言われるようになりました。


何気にしていたことなのに、
うれしい変化。


爪噛みもかなりひどかったのですが、
「爪がきれいになってきている」と
一日一回以上書き込んでいるうちに、
一か月ほどしたら
爪を噛もうとしたら
このフレーズが出てくるようになり、
今ではほとんど噛まなくなりました。


さらに大事なことは継続すること。
継続することで頭の中に定着するから。

そして強い疑いをもってこの事をしないこと。
『大丈夫かな~』ぐらいの
多少の疑いは持っても大丈夫ですが
強すぎると効果ないと思います。
(この辺はそんな感じがすると言うだけで、
確証はないですが(;´∀`))


もしよかったらやってみてください。

今日もありがとうございました。