名前が発達障害っていうだけの事

20代半ばでどうやら発達障がいがあることに気付きました。現在は発達障がいと付き合いながら育児に専念している30代のママです。 発達障がいがあっても工夫と考え方次第で生活はいくらでも楽しくなる!その秘訣をメインに書いていきます。

食べ物が発達障がいを救う(3/?)

今日も見ていただきありがとうございます。

 

今日も続きです。

 

まとまった文章が書けず、

申し訳なく思っていますが

今日もよろしくお願いします。

 

zazizuzed.hatenablog.com

 

 

zazizuzed.hatenablog.com

 

今日は、グルテンについてまとめてみました。

 

何でグルテンについて書くか、

それはグルテンが腸にあまり良くない、

つまり

体や心への影響が大きいと思うからです。

 

グルテン

小麦粉に含まれています。

 

グルテンフリーという言葉を聞いたことがありますか?

グルテンフリーダイエットとか・・・。

 

私は聞いたことはあるけど

どんなものか知ろうとはしませんでしたが、

発達障がいだけでなく、

体調にも強い影響を与えていることがわかりました。

 

ではグルテンについて

もう少し詳しくまとめます。

 

 

1)グルテンとは?

前述したととおり、

グルテンは小麦粉に含まれています。

小麦粉に水を含ませて

こねると

ねばねばもちもちしますよね?

それはグルテンの力です。

 

そのおかげで

ふわふわもっちりしたパンになるんです。

 

2)なぜ腸に悪い影響があるか?

水分を含んだ小麦粉が

手についてなかなか取れなかった

経験はありませんか?

グルテンを含んだ食べ物を食べると

それと同じ状況になります。

 

腸に小麦粉(グルテン)がこびりついてしまいます。

こびりついたグルテン

腸の壁を破壊してしまう恐れがあるそうです。

 

破壊してしまった壁から、

グルテンや添加物、農薬、金属など

入り込み、体へめぐってしまうのです。

 

3)グルテンの影響はどんなものがある?

腸に溜まってしまうので

腸内環境を悪化させてしまいます。

 

また、

特に精製されたもの(いわゆる真っ白い白い小麦粉です)は

血糖値が急に上がりやすくなります。

 

中毒性があり

やめようと思ってもなかなかやめられない。

アミノ酸の配列が

モルヒネと似ているそうです。

怖い(; ・`д・´))

 

グルテン、さらに腸から巡った異物が

頭痛やアレルギーなどの

体調不良、

脳への悪影響を及ぼします。

 

他には体重増加、だるさなどあります。

認知症の影響も言われています。

 

4)グルテン(小麦粉)を使った食べ物

パンは当たり前、ラーメン、うどん、

クッキー、唐揚げなどなど。

いたるところに小麦粉・小麦粉・小麦粉の文字。

 

これは使っていないものを探すほうが難しいかも・・・。

 

醤油、味噌、カレー、ビールにまで( ;∀;)

 

5)特に注意が必要な小麦粉

グルテンのことについて話してきましたが、

すべての種類の小麦粉に

同じ量のグルテンが含まれるわけではありません。

 

国産のより外国産が

グルテン含有量が多いです。

現代の品種改良された小麦も

多くなっています。

 

遺伝子組み換えはさらに多い。

 

そして意識してほしいのが

精製された小麦。

白米のように

外の部分を取ってしまって

白くなってしまった小麦は

栄養素がだいぶ減って

血糖値にも大きな影響を

与えます

 

よく全粒粉パンとありますが、

そこにも白い小麦粉がブレンドされている

可能性があるのでご注意を!

 

 

今日はここまでにします。

なんとかまとめた・・・。よし。

 

ありがとうございました。